DTM作業時のブルーライト対策について

どうも!

先日免許更新の視力検査で目がチカチカして見えづらく、担当のおっちゃんに「どうした、大丈夫か?笑」と心配されたtomoriです。

そういえば、最近ブルーライト対策サボってたなぁ…と思いまして、改めてブルーライト対策を施工しましたので紹介します。
DTMしてると長時間画面に向かい続けることになるので参考にしていただけると嬉しいです。

ブルーライトカットメガネ

f:id:tomori24:20210205152514p:plain

高校生のときに買ったJINS PCを使っています。
効果あるん?ってよく聞かれるんですけど、長時間画面に向かってるとありがたみを感じます。
裸眼だったら今頃目死んでるなーって感じるのがないんで。

まぁ、プラシーボ効果でそう感じているだけかもしれませんが笑

ダークモード

ダークモードとは、画面の背景部を黒くする機能です。
大体の端末にはついてるんじゃないかな?

Macの場合こんな感じです。

通常

f:id:tomori24:20210205152209p:plain

ダークモード

f:id:tomori24:20210205152206p:plain

元々、ブルーライト対策ではなくプログラミングするときに黒い方がかっこいいよなと思って使ってました。
使ってみるとわかるんですけど、白背景に比べて目がチカチカしないので重宝してます。

最近はいろんなアプリやウェブサイトがダークモードに対応してきてるので正直嬉しい🙌
ダークモード対応してないウェブサイトでもStylishのようなChromeの拡張機能でテーマ変えれるので使ってみるといいかもですね。

 

ナイトシフト

スマホやPCにはナイトシフトと呼ばれる夜向けの機能があります。
単純に画面を暗くするだけでなく、画面が暖色系のブルーライトが少ない色に変化します。

僕は21:00以降は自動でナイトシフトに移行するように設定してうっかりを防ぐようにしてます。
(Windows 10が自動でナイトシフトしてくれへんのやけど誰か教えてくれ…)

設定まとめ

上で紹介した機能の設定方法を書いておきます(自分用メモ)

Windows 10の場合

ダークモード:設定  → 個人用設定 → 色 → 色の選択「ダーク」

ナイトシフト:設定 → システム → ディスプレイ → 夜間モード

Mac OSの場合

ダークモード:システム環境設定 →  一般 → ダーク

ナイトシフト:システム環境設定 → ディスプレイ → NightShift

iPhoneの場合

ダークモード:設定 → 画面表示と明るさ → ダーク

ナイトシフト:設定 → 画面表示と明るさ → NightShift

以上が僕がやってるブルーライト対策になります。

他にもこんなことするといいよって言うのがあれば教えてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました